事業の承継|独立を目指す人はフランチャイズの小売業から始めてみよう

独立を目指す人はフランチャイズの小売業から始めてみよう

スーツの人

事業の承継

男性

事業の承継の注意点

事業承継で注意する点があります。特に中小企業を事業承継する際に注意するべき点ですが、株式を後継者に異動させる際には年数をかけて異動させていくことが必要ということです。法人は株式によって支配関係が定められています。したがって中小企業であっても株式を事業を主宰する後継者に譲ることが事業承継のポイントとなります。ここで注意する点として中小企業の株式を譲渡もしくは贈与する際に評価額が発生するということです。また何十年と事業を継続している企業であれば資産内容によってかなり高額な株式評価となることがあります。したがって譲渡もしくは売買する際には年数をかけて行っていくことで贈与税等をおさえることができます。

事業の承継の特徴

事業承継の特徴としてさまざまな特例が設けられているという点があります。現在廃業する企業や事業のなかで最も多い理由としては後継者がいないということです。せっかく地場で継続して営業している企業もしくは事業を廃業するのは非常にもったいないので、政策によって事業承継する際の贈与もしくは相続税を猶予、もしくは免除する制度が設けられています。もちろん無条件に猶予もしくは免除してくれる訳ではなく一定の要件を満たす必要があります。主な条件としては事業を承継し継続して営業していることや、従業員のうち80パ−セント以上を継続して雇用しているといった点です。これらの特例を使うことによって事業承継しやすい環境が整えられています。